人を呪い死に追い込む護符は存在します。

 

好きな人と恋敵の仲を裂くものや不倫相手の配偶者を別れさせる符などは
それほど面倒な作法を必要としませんが、怨敵調伏符などは人の生き死にが関わってくるため
正式にはかなり手間と時間のかかる使用法が定められています。

a08644f1ff6739e97653274833e4c1ff

呪うための護符は、その目的が人としての道理に外れていますから
使用するときは自分自身への反作用が起きることがあります。

 

この世界はバランスの上に成り立っていますので、道理に外れたことを起こそうとするならそれだけ大きな力を働かせることになります。ですからそれに見合った反動が対価のように自分自身に起こりえるわけです。

霊的・超科学的な力を物事や対象となる人物などに働かせること全般を広義に「まじない」と呼びますから、呪いもまじないの一つではありますが、一般的に呪いというと対象となる人や組織などに対して害悪を発生させることですね。

 

丑の刻参りなどが代表的な呪い術でしょう。

1021