「呪いの護符」は、“恨みや嫉妬、他者に向ける”、呪詛のためのものです。
生きていれば少なくとも嫌なことはありますし、いいことばかりではないのがこの世の中です。

護符といっても「ただ」の護符ではありません。
呪術師が祈願し呪文の裏に呪う相手の名前と生年月日が記入されます。

護符から霊波が飛び、呪う相手を苦しめます。

毎晩、寝ると「悪夢」に襲われます。

(1) 殺される夢
(2) 追いかけられる夢
(3) 暗黒な穴に吸い込まれる夢
(4) 高く飛び地面に叩きつけられる夢
(5) 事故死する夢

こんな夢を毎晩見せられたら仕事にも影響します。
クビになるか居ずらくなり職場を転々とします。
鬱状態になり家庭は崩壊します。


75407133


そして最後は自殺…

人の恨みや嫉妬がどれほど恐ろしいか気が付いている人は少ないです。
結論から申し上げたら1人の恨みは、人生を潰すぐらいの力を持ちます。

嫉妬は、激しい恨みよりはややその力は弱まりますが、それでも体調を悪くさせたり、勢力を削ぐぐらいの力は持ちます。

ですから、極力人からは恨まれない、嫉妬されないように生きるのが賢いいきかたです。
どのような人でも物事を現実化する力は与えられているので、それを悪用したら恐ろしいのです。


呪いの護符で100パーセント相手は不幸になります。
死ぬ前にどん底の不幸に陥り自殺か事故死です。

事故死の確率が高いのは悪夢で睡眠不足になり居眠り運転で自爆です。

dededf9ae50cf8b602e788c17053b7c8_t

すべての人の人生に働いている法則があります。

それは、自分の嫌な人や嫌な環境にもあてはまりますから、この法則を知らないと、なぜ周りに嫌いな人がいるのか、不条理な状況に陥っているのか分からず、その状況を脱することができません。


そればかりか、苦しい状況で人が自然に思うことは、不平や不満、怨みや呪いなど、悪いことばかりですから、
ますます悪い状況を引き寄せてしまいます。


「護符の裏に書かれた名前」の人を不幸にする引き付けの法則があるからです。

今年に入って事故死 4名
自殺 2名

メールで知らせてくれました。
知らせてくれない方がほとんどですからかなり多いと思います。
現在悪夢が進行し自殺寸前の方もいるでしょう。


職場でどうしても顔も見たくない人に試すといいです。
職場に出なくなり精神病院に入院する確率は高いです。

1021