護符には見えない不思議な力が存在しています。

災厄を招く神秘的な力があります。
学校でのいしめ、職場のいじめに威力を発揮しています。

呪いの護符に相手の名前を記入するだけで効果が現れます。
例えば、事故や急死、死ななくても長期の入院など不幸が襲います。

不倫の相手にも効果が確認されています。

鬱病になり自殺した事例も報告されています。

pretty-incredible-suicide-thumb

日本の神社での藁人形に五寸釘も自分でする呪いです。
又、日本の密教系の護摩修法の呪殺術に念力護摩などが有ります。
習得に非常に時間が掛かります。


念が入魂されている護符には霊力が備わっています。

念の強い方はこの世に存在します。


「念が強い人」とは、どのような人を指すのか、気になるところです。
そこでまずは、「念が強い人」とはどのような人なのか、特徴や定義について考察していきます。」

まず、「念」という言葉ですが、「信念」「執念」といった言葉があるように、強い気持ちや思いを表現する言葉だと言えるでしょう。

ですから、「念が強い人」というのは、思いや気持ち、意思が強いといった特徴を持っている人であるとも言えそうです。

「念が強い人」は、想像したら相手に思いが届きます。
ちょうど、行こうかと思った、電話しょうと思った、など思うだけで電話が来ることもあります。

これも念の一種です。

不幸の護符は念の弱い人にも有効です。

護符に相手の名前を書くだけで呪いを発揮できます。

504c570b