17世紀の魔女裁判で知られるイングランド北西部ランカシャー州ペンドルヒルで、当時のものとみられる魔女の小屋が発掘された。密閉された部屋の壁には、ミイラ化したネコの死骸(しがい)が塗り込められていた。魔女裁判で知られる同地だが、小屋は保存状態がよく、世紀の発見だと指摘する専門家もいる。

ペンドルヒルは1600年代、女性10人、男性2人が魔女裁判にかけられたことで知られている。最近、森の保守管理をしていた作業員らが草地の下に埋まった小屋を発見し、考古学者に発掘を依頼した。小屋は保存状態が非常に良く、かつての様子が手に取るように分かるという。




この地域の魔女について研究する専門家、サイモン・エントウィスル氏によると、この小屋は1612年の復活祭前の金曜日、魔女たちが集会を開いたとされる「マルキンの塔」だった可能性があるとのこと。同氏らによれば、ネコは小屋の住人が悪霊から身を守るまじないとして、生きたまま塗り込められたとも考えられる。 
  
エントウィスル氏は、同地域がまもなく魔女裁判からちょうど400年を迎えると指摘。「小屋の発掘は、エジプトでツタンカーメン王の墓が見つかったことに匹敵する大発見だ」と、熱を込める。 

イングランド北西部ランカシャー州ペンドルヒル 

b77be983

魔女にちなんだパブも存在する 

6b4ab5a4

発掘された魔女の小屋とされる建物

6a5313d1

3e22c188

9b40e990

壁に塗りこまれていた猫のミイラ。他にも小屋の内外からは、19世紀の台所用のかまどやブリキの浴槽、ベッドの枠、食器類などが見つかっている。

b67fefb0

魔女狩り、魔女裁判とは?(wikipedia) 
魔女狩りは、中世末期から近代にかけてのヨーロッパや北アメリカにおいてみられた魔女や魔術行為に対する追及と、裁判から刑罰にいたる一連の行為のこと。現代では、このような行為は心理学的な観点から集団ヒステリーの産物とみなされている。もともと民衆の間から起こった魔女狩りは15世紀から18世紀までにかけてみられ、全ヨーロッパで最大4万人が処刑されたと考えられている。